【Python】ダイアログで選択したCSVの情報を取得する方法【備忘録】

Python
スポンサーリンク

勉強中のPythonでダイアログで選択したCSVの情報を取得する方法を備忘録も兼ねて残しておきたいと思います。

ダイアログで選択したCSVの情報を取得する方法
スポンサーリンク

コードの紹介

それではコードを紹介します。
ちなみに今回使用しているデモデータは下記URL先で簡単に作れます。

個人情報テストデータジェネレーター
アプリケーションのテストなどで利用できる、リアルな架空の個人情報データ(疑似データ)を生成するツールです。
from tkinter import filedialog
from tkinter import messagebox
import pandas as pd
import sys


typ = [("data files","*.csv;")] 
dir = "C:\\pg"
file = filedialog.askopenfilename(filetypes = typ, initialdir = dir,title="開きたいCSVファイルを選択してください。") 

if file == "":
    messagebox.showerror("メッセージ","ファイルが選択されていません。\n処理を終了します。")
    sys.exit()
else:
    df = pd.read_csv(file)

df
    

実行するとファイルを選択するダイアログが開くので、CSVを選択するとその中身がDataFrameに格納されます。

コードの紹介_1
コードの紹介_2

ファイルを選択せずに閉じるとアラートが表示され、処理が終了します。

コードの紹介_3

コードについてざっくりまとめると以下のような流れになります。

  1. typ = [("data files","*.csv;")]で選択するファイル形式を指定
  2. dir = "C:\\pg"でデフォルトのディレクトリを指定
  3. filedialog.askopenfilename(...)でダイアログを開いて選択したファイルパスをfileに格納
  4. pd.read_csv(file)で取得したファイルを読み込み、df(DataFrame)に格納
#ファイル形式を指定
typ = [("data files","*.csv;")] 

#デフォルトのディレクトリを指定
dir = "C:\\pg"

#ダイアログを開き、選択したファイルのパスを格納
file = filedialog.askopenfilename(filetypes = typ, initialdir = dir,title="開きたいCSVファイルを選択してください。") 

...
#取得したファイルを読み込み、DataFrameに格納
    df = pd.read_csv(file)

df
スポンサーリンク

まとめ

今回はダイアログで選択したCSVの情報を取得する方法を紹介しました。

このブログではExcel・PCに関する記事も不定期で投稿していますので、是非併せてご覧ください!

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

タイトルとURLをコピーしました