【PC関係】アルファベットの下にアンダーバーが付いてるショートカットキーの使い方

PC関係
スポンサーリンク

明けましておめでとうございます。

今回はアルファベットの下にアンダーバーが付いてるショートカットキーの使い方について、備忘録も兼ねて紹介します。

不定期でPC関係の投稿をしていますので、こちらも併せてご覧ください!

スポンサーリンク

具体的にどういうやつか

なんとなく分かる方もいれば、「どういうこと?」ってなる方もいると思うので、今回はExcelの検索と置換を使って説明します。(検索と置換はCtrlキー+Fキーで開けます。)

具体的にどういうやつか_1

これはシートやブックから検索したい文字列を探したり、特定の文字列を別の文字列で置換出来たりする機能になります。

それぞれタブの後ろにショートカットキーが表示されているのですが、よくあるショートカットキーと若干表示が異なっています。

具体的にどういうやつか_2

こんな感じでアルファベットの下にアンダーバーが付いていますよね。この場合、そのアルファベットのキーだけ押しても反応しません。

スポンサーリンク

アンダーバーが付いてるショートカットキーを使う方法

「じゃあどうやって使うねん」ってなりますが、ダイアログをアクティブにした状態で、アルファベットキー+ALTキーを同時に押せば使うことができます。

アンダーバーが付いてるショートカットキーを使う方法_1

このように同時に押すことでショートカットキーを使うことが出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

今回はアルファベットの下にアンダーバーが付いてるショートカットキーの使い方について紹介しました。

アンダーバーが付いてるショートカットキーを使う時は「アルファベットキー+ALTキー」を同時に押すようにしましょう。

久方ぶりの投稿にもかかわらず大変あっさりした内容でしたが、是非参考にしていただければと思います。

こんな感じでまったり投稿していきますので、今年もどうぞよろしくお願いします🙇

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

タイトルとURLをコピーしました